旅行

【片道3時間】ウラジオストクの行き方や観光情報を紹介│飛行機で日本から1番近いヨーロッパ?


悩んでる人

人生の中で一度は「ヨーロッパ」行きてえ〜



ありますよね。


でもなかなか時間がなくて行けなかったり、距離的に遠かったり、ヨーロッパと言ったらお金がかかるイメージでなかなか取っ付きにくいのがヨーロッパですよね…


そんな皆さんに朗報です!

naaaaan

なんと日本から約3時間で行けるヨーロッパの国があるんですよ



それがロシア・ウラジオストクです。それではいきましょう〜


ウラジオストクとは



「ウラジオストク」は、ロシアの首都モスクワから約9,000㎞の場所に位置します。


日本から片道約3時間で行ける「日本から1番近いヨーロッパ」として人気が高まっています。

ポイント

これまで、ロシアへの入国には「ビザ」の取得が必要となっていましたが、2017年よりロシア沿海地方限定の電子ビザの発給が開始されました。



インターネット上で簡単に申請できる電子ビザとなっています。


さらに、電子ビザ発行時の申請費が無料という事もあり、日本から気軽に行ける新たな「旅行先」として注目される都市です。


また、2021年には電子ビザをロシア全土で導入すると発表されていて、今後ウラジオストクだけではなく「ロシア全土」が旅行先のひとつとして注目を集める事だろうとおもいます。


ウラジオストクは、ロシアの極東にある港町。


その美しい街は「世界で最も美しい海辺の街」にランクインした街でもあります。


naaaaan

日本から約3時間でヨーロッパの美しい街並みや、ロシアの伝統料理を楽しめる。最高やん



ウラジオストクは長い間、軍事都市として外国人の立ち入りが禁止されていた街でした。しかし、1992年に解放されてからは「中国・韓国」を中心とした外国人観光客が増え、今や世界的にも人気の観光地となっています。


地理的にはアジアにありながらも「ヨーロッパ」。おもしろいですね〜

▼ 日本からのアクセス



東京からウラジオストクまでは「アエロフロート・ロシア航空」と「S7航空」の直行便が毎日運航しています。


最近ではJAL(日本航空)も就航を開始したそうです。

naaaaan

往復4〜5万円で航空券が取れます。



東京からウラジオストクまでの飛行時間は約3時間。関空からも便がありますが、こちらは週に1~2便のみ。


また、韓国経由だと航空券代もかなり安くなりますが総飛行時間が長くなるという難点があります。


私が調べた中で最安の行き方は「往復2万円〜の鳥取発のフェリー」になります。こちらは韓国を経由して合計44時間程の船旅となるので、とにかく費用を抑えたい、なおかつ時間に余裕のある方におすすめ◎│


船で行くってなんか憧れあって良い経験になりそうですね。

▼ ウラジオストクの「ココだけは行け!」観光スポット


\旅好きは作らないと逆に損/


無料で作れて年会費も永久無料

旅人が絶対持ってるクレジットカード
世界中のVisaマークのあるお店で使える
年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯

エポスカードを申し込む


噴水通り



ウラジオストクで街歩きをするなら「噴水通り」から入りましょう。


ヨーロッパの低い建物と等間隔で設置されている噴水、その奥には海が見え、眺めの良いウラジオストクのメインストリートです。


まさに「これぞヨーロッパ!」という街並みです。


また、普段から観光客は多いのですが、歩行者天国となっているので地元ロシア人も多くいつも賑わっています。

naaaaan

白人美女もわんさか歩いています。くはー



おしゃれなショップやカフェ、レストランが立ち並んでいます。テラス席でランチやお茶を楽しんでみてください。


とにかくヨーロッパっぽい建物がたくさん建っているので、インスタ映えもバッチし。自慢できます。


また、噴水通りの小道には「地元アーティストのストリートアート」が壁に描かれ、そちらもインスタ映えスポットとしておすすめ◎│

\TVで話題業界最安級クラウドWi-Fi/

世界134の国や地域で利用可能
無料読み放題の週刊雑誌や漫画機能付き
通信制限一切なしの完全使い放題で追加料金¥0
ソフトバンク・ドコモ・au回線で超高速インターネット

ギガWi-Fiを申し込む


鷹の巣展望台



こちらは「ウラジオストクに来る旅行者が必ず訪れる」と言っても過言ではない観光スポットです。


展望台から眺める景色は時間帯でまったく異なります。


おすすめは夕暮れです。まさに時間を忘れる景色。

潜水艦博物館



ロシアといえば「軍事国家」というイメージがありますよね。


そんな軍事的なロシアを感じれる観光地があります。それが「潜水艦博物館」。


ここには、”実際に使われていた潜水艦がそのまま博物館になっている”という世界的にも貴重な場所です。博物館の中には、太平洋艦隊の歴史や活躍された方の展示がされています。


そのままの潜水艦が展示されていて、中に入れば当時の船員の気分が味わえます。

naaaaan

まるでその時代にタイムスリップしたかのような感覚を体験できます。



また、博物館内はどの箇所も写真撮影可なので貴重な場所をぜひカメラに収めておきましょう。

ロシア料理



ウラジオストクは港町ということもあり、新鮮な海鮮がとても美味しいです。現地で採れた新鮮なシーフードがお手頃な価格で楽しめます。


もちろん、ボルシチ、ビーフストロガノフといった有名ロシア料理もたのしむことが出来ます。


どれを頂くにせよ、日本よりも断然安い価格で食べられます。


食事に関しても「ウラジオストク」は間違いなし◎│

\旅好きは作らないと逆に損/


無料で作れて年会費も永久無料

旅人が絶対持ってるクレジットカード
世界中のVisaマークのあるお店で使える
年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯

エポスカードを申し込む


ロシアの物価



ロシアの物価は「さほど日本と変わらない」と言われますが、正直日本よりは安いです。

naaaaan

食事などは日本と比較しても間違いなく安く済みます。



実際にロシアの物価は近年安くなってきているので、日本と比較しても物価が安いと感じることが多いでしょう。


ホテルなども日本より安い感覚です。


ウラジオストクには、高級ホテルから”安宿”と呼ばれるような宿泊施設もあります。ドミトリーのような安宿のホテルに泊まる場合は1000円前後で泊まることができますので、かなり安い。


「宿なんて寝れればどこでもええやん!」なんて人は迷わず安宿です。


ビジネスホテルみたいな宿でも日本と変わらないぐらい、むしろ日本より安い料金で宿泊することができます。ロシアは安宿が多くあることでも有名です。


安いところを探すと本当に良心的な宿がたくさんありますので、しっかりとリサーチして気に入ったホテルに宿泊しましょう。


交通機関の料金もとても安いです。


バス、トラム(路面電車)などは40円〜60円ほどです。やっす〜


タクシー料金も初乗り200円程度。タクシーやバス、路面電車での移動は「外の景色を眺めながらの移動」ができるので観光の一種としてもおすすめ◎


ロシアはヨーロッパと聞いて物価がものすごく高いイメージがありますが、実はそうでもありません。

▼ まとめ : ヨーロッパの街並みが3時間です。土日で行くしかないやん


naaaaan

ヨーロッパって何となく憧れがありませんか?



ヨーロッパ特有の建物であったり、食べ物であったり、文化であったりと…


日本の近くにこんな場所があったのかと、つくづく思います私は。


みなさんもウラジオストクへ足を運んだらきっとそう思うはずです。そうおもってほしくて紹介しました。


日本からたったの3時間で行けるので、韓国や台湾に行く感覚で「ヨーロッパ」に行けますよね。


時間があまりない方でも、土日を活かして手軽に旅行できますよ。世界は以外にも狭いんだなと感じるかもしれません。


ということで今回は、日本から3時間で行けるヨーロッパ「ウラジオストク」について紹介しました。


あなたの憧れのヨーロッパに是非足を運んでみてください。


今回は以上です。


この記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。


また別記事でお会いしましょう。


スポンサーリンク

-旅行
-, , ,

© 2021 nanblogee Powered by AFFINGER5