WEBライターは甘くない未経験者が月30万円なんて無理現役ライターが本音で話します

Webライター

Webライターは甘くない?未経験者が月30万円なんて無理?現役ライターが本音で話します



こんにちはnanです。

悩んでる人

Webライターで稼ぐのって甘くない?月30万円は現実的じゃないのかなー?


こんな疑問にお答えします。


結論、簡単に月30万円稼げるほど甘くありません。


Webライターは、自由に稼げる仕事ということから「副業」や「フリーランス」として人気ですが、稼げるようになるまでは相応の努力が必要です。


ただ、実績を作って軌道に乗れば「月30万円」は余裕で目指せます。


本記事では、Webライターとして月30万円を稼ぐのに必要な具体例を含め、現役ライターの僕が現実的な内容を解説していきます。


さっそくチェックしていきましょう。※下記の目次から気になる項目へ飛べます

Webライターの現実は甘くない?

WEBライターの現実は甘くない理由について解説。


Webライターは、簡単に稼げるほど甘くはありません。


未経験者の相場としては、月に1〜3万円を稼げれば立派なほうだと思います。


Webライターの収益は、

文字単価×文字数×記事数=報酬

という計算式で成り立っています。


例をあげると、

2.0(文字単価)×3,000(文字数)×20(記事数)=12万円(報酬)
4.0(文字単価)×4,000(文字数)×20(記事数)=32万円(報酬)
5.0(文字単価)×4,000(文字数)×20(記事数)=40万円(報酬)
※1ヶ月=30日の計算


悩んでる人

なんだ!意外と稼げるじゃんか!


いやいや、未経験者が上記のように稼ぐのは100%無理だと断言できます。


というのも、Webライター未経験者が「文字単価2円」の案件を獲得するのは、ほぼ不可能だと言えるから。


Webライター未経験者が獲得できる案件の平均文字単価は、0.1円〜0.8円が相場がいいところでしょう。


文字単価0.8円の案件を1ヶ月継続しても、

0.8(文字単価)×3,000(文字数)×20(記事数)=48,000円(報酬)

1記事3000文字の執筆案件を1ヶ月で20件こなしても、月48,000円にしかなりません。


しかも、未経験者が文字単価0.8円の案件を獲得できるのは難しく、くわえて1ヶ月に20記事依頼されることはもっと稀です。


Webライターという仕事は、未経験者がいきなり月30万円を稼げるほど甘くはありません。


ただ、実績を積めば全然いけます!


次の項へ。


Webライター未経験者が月30万円稼ぐのは無理?

WEBライター未経験者が月30万円稼ぐのは無理なのかについて解説。


結論、実績を作って軌道に乗れば月30万円は稼げます。


未経験者が何よりも重要視すべきなのが「実績」です。


Webライターが案件(仕事)を獲得するには、実績で7割くらい決まると言っても過言ではありません。


次の項で詳しく解説していますが、とにかく実績作りを継続して頑張ることが、月30万円までの近道になります。


軌道にさえ乗れば、

3.0(文字単価)×5,000(文字数)×20(記事数)=30万円(報酬)

上記のような案件も獲得できるようになります!

nan

文字単価5円×4000文字の案件を月に20件獲得できれば月収40万円にもなります!


このようにWebライターの世界では、実績を積んで「自分の価値」をどんどんあげれば、自然と単価も高くなり稼げるようになります。


あなたの「市場価値」を上げるには最適の仕事とも言えるでしょう。


☑よく読まれる記事
【現実】Webライターは年収1000万円を狙える仕事なのか?本音で話します


未経験者がWebライターで稼げるようになる最大のコツ

未経験者がWEBライターで稼げるようになる最大のコツを紹介。


悩んでる人

稼げるようになるための「コツ」を教えてほしい!


結論、実績を作るために低単価案件でもどんどん応募しましょう。


クラウドソーシングでは、Webライター未経験者のために文字単価0.1円の仕事も存在します。


ただ、これを「安すぎ」と捉えるか「未来につなぐ」ための実績として捉えるかが重要。


たしかに文字単価0.1円は安すぎます。ただ、仕事を完了して納品さえしてしまえば、あなたの実績になります。


要チェック


最大のコツは、文字数の少ない案件を狙うこと。


文字単価0.1円で500文字にて納品の仕事だった場合、報酬は500円とアホみたいな仕事です。


ただ、ちゃんと「実績」にはなります。


なぜ「実績」が大事かというと、クラウドソーシングサービスでは、以下の画像のように「ワーカー実績」が表示されます。

※引用 : クラウドワークス
※個人情報につき一部隠させていただいてます


依頼主(クライアント)は、この実績も重要な選考基準としてワーカーを選ぶので、こちら側としてはとても大切なアピールポイント。


もちろん案件数を多くこなしているほど、クライアントはワーカーを信用します。


低単価案件で2000〜4000文字を書いても、正直クライアントの思うツボ。単に安い給料でめちゃくちゃに使われているのと同じです。


なので、Webライター未経験者が低単価案件を扱うときは、500〜1000文字程度の「すぐ終わる仕事」に絞って数をこなし、実績をどんどん積み上げていきましょう!


ある程度は低単価案件で頑張ったら、いよいよ高単価案件に応募しましょう。


その頃のあなたには積み上げた「実績」があるので、クライアントもあなたを逃したくないハズです。


また、納品した記事を「過去の執筆実績」としてクライアントへ添付することで、あなたのポートフォリオを直接確認してもらえることも可能。


低単価案件で頑張った「実績」がすべて、あなたの稼ぎにつながります◎


☑人気記事
>>>【初心者向け】WordPressブログを10分で始める方法│4ステップで完了

未経験者のWebライターはどこで仕事を探すのか?

未経験者のWEBライターはどこで仕事を探すのかについて解説。


結論、クラウドソーシングで探しましょう。

クラウドソーシングとは

企業や個人がインターネット上で業務を発注する業務形態。 仕事を発注したい企業または個人と、仕事をしたいワーカー(副業またはフリーランス)を繋ぐサービスを提供しています。


未経験者はまず以下のサイトに登録しましょう、


上記のサイトは案件数が豊富にあるため、あなたが「やりたい!」と思う仕事に出会える可能性が高くなります。


無料かつ3分ほどでサクッと登録できるので、なかなか行動できずにモヤモヤしてる人はチャチャっと一歩目を済ませてしまいましょう。

Webライター未経験者が狙うべき仕事

WEBライター未経験者が狙うべき仕事を紹介。


Webライターが稼げるまでには「実績」が必要不可欠です。

nan

実績がないと、仕事に応募してもクライアントは相手にしてくれません…


未経験者が仕事を獲得するのに狙うべきは、

  • ブログ記事
  • トレンド記事
  • アフィリエイト記事
  • 知識のあるコラム記事


など、これらは未経験者OKの募集が比較的に多いので、仕事を獲得しやすいでしょう。


共通している点は「情報を調べながら書く」ことで、記事の構成から作成までが完結できること。


WEB上にあがっている情報をもとに、自身の言葉で記事を執筆していきます。※コピペは自身の評価を下げるので絶対NG


文字単価0.5円〜0.8円ほどの案件でも、じゃんじゃん応募して実績を作りましょう!

Webライター未経験から安定して稼ぐまでのコツ3選

WEBライター未経験から安定して稼ぐまでのコツ3選を紹介。


未経験のWebライターから安定して稼ぐには、

  • 直接契約を獲得
  • 継続案件と単価UP交渉
  • 勉強して高単価案件を獲得


上記のコツをしっかりと理解すれば、未経験者からでもWebライターとして安定して稼げるようになります。


順に詳しく解説していきます。

直接契約を獲得する


未経験者はまず、クラウドワークスランサーズクラウディアクラウドテックなどの「クラウドソーシングサービス」にて仕事を獲得します。


ただクラウドソーシングでは、

  • 10万円以下→20%
  • 10~20万円以下→10%
  • 20万円以上→5%


上記のように、報酬額によって手数料が引かれてしまいます。※クラウドワークスの場合


例えば、10,000円の報酬があったとしても、あなたに実際振り込まれる金額は8,000円になるということ。


これが直接契約であれば、10,000円すべて入金されることになります!※源泉徴収の兼ね合いを計算しない場合


また、クラウドソーシングでは、クライアントとの信頼関係が築きにくいというデメリットも存在します。


クラウドソーシング上でのメッセージのやり取りは、どうしてもクライアント側に「変なとこ見せれない…」という気持ちが働いてしまい、自然と硬くなってしまいます。


一方で、直接契約ならコミュニケーションの自由度が高く、こちら側の人間性もアピールしやすいです。

nan

実際にぼくも「絵文字」や「ビックリマーク」などを使ってコミュニケーションを取らせていただいています!


単純にクラウドソーシングより稼げるし、安定して仕事を任せてくれるので、積極的に直接契約を提案してみましょう。

継続案件と単価アップ交渉をする


取り組んでいる案件を問題なくこなせるようになったら、同じクライアントに対して単価アップの交渉または、別の高単価案件の受注にチャレンジしてみましょう。


より稼ぐには、単価アップ交渉は必要不可欠。


単価アップ交渉は、基本的にクライアント側から持ちかけてはくれないので、こちら側から交渉する必要があります。


交渉の際は、以下の点を意識して提案してみてください。

  • 他に受注している依頼の料金と比較して交渉
  • 記事数、品質、実績(上位表示記事)、納品スピード、納品ペースなどをアピール
  • 追加提案(リライト、記事構成、画像選定、画像作成、CMS入稿なども可能です!)と伝える


nan

僕の感覚では、同じクライアントにてだいたい20記事以上の執筆を完了した時点で、積極的に単価交渉をしていくといいでしょう!


もし単価を上げてくれない場合には、別の高単価案件への乗り換えも視野に入れましょう。


クライアントとしても、今まで貢献してくれていたライターがいなくなるのはかなり痛手なハズ。


お互いプラスの関係になるためにも、適切で気持ちのいい交渉をしていきましょう。

勉強して高単価案件を獲得する


Webライターとして高単価案件を獲得するためには、勉強してライターとしてのスキルを高める必要があります。


具体的には、

  • SEOの知識
  • ライティング技術
  • PREP法など文章の型


上記の他にも、枝分かれしたさまざまなスキルが存在します。


Webライターとして安定的に稼げている人はほぼ、これらのスキルを習得していると言えるでしょう。


昨今、副業が解禁された影響でWebライターがどんどん増えていますが、正直このスキルを完璧に習得している人はほんの僅かな印象。


ということは、あなたが勉強してスキルを習得すれば他ライターとの「差別化」が図れます。


高単価案件を募集しているクライアントからしたら、スキルを習得したあなたに仕事を任せたくなりますよね。

nan

そう、あなたが高単価案件を勝ち取れるのです!


また以下の記事にて、Webライター初心者におすすめのスキル習得ができる書籍を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

>>>【初心者向け】Webライターにおすすめのセールスライティング本5選

まとめ


結論、Webライターは未経験者がいきなり月30万円稼げるほど甘くはありません。


ただ、実績を積んで自分の「市場価値」を上げるいくことで、大きく稼げるチャンスも十分にあります。


自由な働き方に憧れている人であれば、ぜひチャレンジしてほしい仕事の一つです。


主婦の方であれば、スキマ時間にコツコツと積み上げて、旦那さんの給料を超える収入だって目指せます。


頑張れば「夢」しかありません。


最後に一つだけ大事なことを、

Webライターという仕事は、あなた一人で自由に作業できますが、対人間の仕事であることに変わりありません。

依頼主がいてこそ仕事ができるので、常に「クライアントファースト」を意識して、信頼されるWebライターを目指しましょう!


以上です。

-Webライター
-, , , , , , , , , , , ,