旅行

【ベトナム観光】人気急上昇中!ベトナム第3の都市ダナンの絶対行くべきおすすめ観光スポット9選を紹介




ざすざす!



今回は「ダナンのおすすめ観光スポット9選」を紹介させて頂きます。



みなさんはベトナム第3の都市「ダナン」知っていますか?



ベトナムでも、「ハノイ」、「ホーチミン」はなんとなくわかるけど、「ダナン」という街は聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。



ダナンは、砂浜のビーチとフランス植民地時代に栄えた港の歴史で知られるベトナム中部にある海沿いの都市です。



日本からは直行便も就航していて、アクセスも非常に良いです。



ダナンは今、「最も注目を集めるベトナムの都市」であり、連日多くの観光客が訪れる人気の渡航先となっております。



キレイなビーチもあり、観光地もあり、ダナンは最高の場所です。


悩んでいる人

ダナンのおすすめ観光スポットがしりたいなあ〜
ビーチがキレイなのは知ってるから、その他の観光名所を知りたい!



こんな疑問に私がアシスト致します。



ダナンへの渡航予定がある方は是非、この記事を参考にしてみてください。



それではいきましょう〜



▼ 五行山



まずはこちら、「五行山」。




ここは大理石からなる山です。



ラテン語で大理石はマーブルと意味することから、通称「マーブルマウンテン」と呼ばれています。



5つの山からなる連山であり、各山の名称として、「金山」、「木山」、「水山」、「火山」、「土山」というふうに名付けられています。



頂上からはダナン市街が一望でき、その景色は一見の価値があります。



五行山に行った際は必ず、頂上を目指して登ってください。




とても素晴らしい景色がそこには広がっています。


▼ ドラゴンブリッジ



続いては、「ドラゴンブリッジ」。



ここは比較的最近(2013年)に完成された、話題沸騰中のダナン新名所です。




「さすがベトナム!」と言ったところでしょうか。



なかなか、橋の装飾として「龍」は取り入れないだろうと私は思いましたが、ここはベトナムです。



しかも、この龍の口元から火や水が吹き出されるショーが繰り広げられ、多くの観光客や現地民がそのショーを鑑賞しています。




こちらのショーは毎週末に開催されているので是非チェックしてください。


▼ ミーソン遺跡



ミーソン遺跡は世界文化遺産に登録されているベトナムを代表する観光スポットの1つです。




このミーソン遺跡は、かつて栄えていたチャンパ王国の遺跡です。



敷地内には遺跡が大小70近くあり、その中でも観光客から人気を集めているのが、ヒンドゥー教の女神像です。



「ダナン」からは少し距離が離れていますが、必見の観光スポットになります。



タイの「アユタヤ」みたいな感じですかね。とにかく遺跡好きには間違いない場所です。


▼ チャム彫刻博物館



ここは、長きに渡りベトナムで繁栄していたチャンパ王国の仏像や造形物が保管されている博物館です。




先程紹介したミーソン遺跡から発掘されたものも多く、遺跡まで足をのばす時間がない場合はダナン市内にあるチャム彫刻博物館を見学すると良いいと思います。



展示物の素晴らしさはもちろんのこと、建物の外観や内装にはどことなくフランス統治時代の面影が残っています。



歴史好きな方はマストで押さえるスポットになります。


▼ ダナン大聖堂



続いては「ダナン大聖堂」。



ベトナムには「なんとか大聖堂」が多い気がしますね。笑



ここは、建設が完了されてから約100年が経ちますが、とても綺麗な外観でダナンの街中でも存在感があります。




ピンクの建物がとても印象的です。



正門はミサの時間以外は開いていませんが、裏側の門から敷地内に入ることができます。



敷地内はそんなに広くありませんが、マリア様やイエス様の石像やカトリックに関する石版の絵などが装飾されています。



インスタ映えには持ってこいの観光スポットです。



ミサは月曜日~土曜日が5:00、17:00の2回、日曜日が5:15、8:00、10:00、17:00、18:30の5回行われています。



ダナン大聖堂には、カトリックに関する書籍や小物等が販売されており、一般の観光客でもそれらを購入することが可能です。


▼ バーナーヒルズ



ここ「バーナーヒルズ」は、ダナン市内から車で40分ほど、19世紀末にダナン在住のフランス人たちが避暑地として使っていた地を再開発したテーマパークです。



全長5,771km、高度差1,368mのロープウェイからは、ダナンの風景を楽しみながら乗ることができます。



乗車時間は約20分ほどです。



山頂には、屋内施設と屋外施設があります。



屋外施設は建物も景観もヨーロッパをイメージした造りになっていて、ベトナムにいる感覚は無くなります。笑




この写真を見たことがある方もいるのではないでしょうか。



この「ゴールデンブリッジ」はこちらのバーナーヒルズにあるものです。



また、天気の良い日は橋の上からダナン市街を一望できます。絶景をその目に焼き付けてみてください。



屋内施設にはお化け屋敷やフリーフォール、無料のゲームセンターなどがあります。



また、施設内には約30店舗の飲食店があり、ベトナム料理からファストフードまで楽しめます。



お子さん連れの家族達からすると助かります。



その他にビールなどのアルコール類もあるので、私たちおっさん連中にはとても嬉しいです。



こちらも必見の観光スポットです。



▼ リンウン寺



ダナンの北に位置するリンウン寺は、現地ベトナム人や観光客にも人気の観光スポットの1つです。



ここは2004年に建設が始まり、6年後の2010年7月30日に創建された比較的新しいお寺です。




地元ダナンの人に、とても愛されている知名度の高いお寺です。



真っ白な仏像がとても印象的です。



ダナンの町を守るとされており、ダナンの町を囲うようにあるお寺(五行山、バーナーヒルズ、リンウン寺)の1つと言われています。



山の上にあるお寺ですが、車で上まで登れるので体力の心配はいりません。



近年では、ダナンの一大パワースポットとして捉えられているようです。



皆さんも「リンウン寺」でパワーを吸収しに行ってみては如何でしょうか。


▼ ハン市場



続いては「ハン市場」。



安心してください。ここ「ダナン」にもしっかりと市場があります。



ここは観光客向けのお土産屋さんも多く出店していますが、現地の人たちが利用する市場にもなっていますので、現地「ダナン」のライフスタイルも感じることが出来ます。




市場内には、日本のスーパーでは見かけないド珍しいフルーツや、ベトナム土産や雑貨、衣類などがたくさん陳列されています。



もちろん値引き可能です。



しっかりと店員さんと戦い、極力安い金額でさまざまなモノを手に入れましょう。


\当サイトおすすめクレジットカード/


年会費永久無料

旅人が絶対持ってるクレカ
世界中のVisaマークのあるお店で使える
年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯

エポスカードを申し込む


▼ ミーケビーチ



お待たせしました。ビーチ情報です。



ミーケビーチは、アメリカの有名経済誌(フォーブス)で「世界で最も魅力的なビーチの1つ」に選ばれたビーチです。




観光客だけでなく地元の人々も多く訪れており、マリンスポーツを楽しんだり、浜辺にパラソルを広げて日光浴をしたりと、もう最高です。



ビーチ沿いには大きな遊歩道があり、広大なエメラルドグリーンの海を眺めながら、お散歩やサイクリングなどを楽しむことも可能です。



また、早起きが必要となりますが、ミーケビーチの朝焼けは一見の価値があるとても美しい風景とになっています。



さらに、ミーケビーチ前に4つ星ホテル「アラカルトホテル」があります。



そのホテルの最上階にあるのが、ルーフトップバー「ザ・トップ」です。



こちらは屋内と屋外に席があり、席によって海や市内を見渡す事が出来る人気のバーです。



海側にはインフィニティープールもあり、セレブ気分を味わうには最適です。



市内を見渡せる席では、夜景がとてもきれいです。




少し奮発して、こういった場所でディナータイムを楽しむのも良いと思います。


▼ まとめ : ダナンで最高のバケーションを過ごしてみては如何ですか!



ベトナム第三の都市「ダナン」は如何でしたか。



有名なビーチリゾート地であることは間違いないですが、その他観光地も見どころ満載です。



また、ダナンは「ホイアン」や「フエ」といった街への玄関口ともなっておりますので、立ち寄る確率が非常に高い街です。



「ホイアン」、「フエ」といった街もベトナム旅行では必見なので、ダナンをベトナム中部旅の拠点としていろんな都市へ観光に行く人も多いです。



ダナンへは日本からの直行便もあり、飛行時間は約5時間です。



アクセスの面でも非常に行きやすい街であり、我々日本人からするとめちゃくちゃプラスポイントになりますよね。



この記事を通して、「どうしていまダナンが人気急上昇中であるのか」をなんとなく理解して頂けましたでしょうか。



これからますます知名度を増して、たくさん増えるであろう観光客の一部になる前に、この注目の「ダナン」へ訪れてみては如何ですか。



今回は以上です。



この記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。



また別記事でお会いしましょう。


-旅行
-, , , ,

© 2020 nanblogee Powered by AFFINGER5