旅行

【タオ島】世界一美しいとも言われるタイで一番おすすめの島




ざすざす!




今回は前回紹介した「タイのおすすめ離島・アイランド5選」の中から私が最もオススメする「タオ島」について、少し詳しく紹介したいと思います。


人気記事
【島好き必見!】タイのおすすめ離島・アイランド5選を紹介

続きを見る



タイに訪れた際にどこかの海や島に行きたいと思っている人がこの記事を読んで、「タオ島に決めた!」「タオ島に行きたい!」なんて思ってくれる人がいたら嬉しい限りです。



また、タオ島は私が幼少期を過ごした島でもあります。



正確にどのくらい居たかは分かりませんが、母親に聞いた話だと少なくとも半年くらいはタオ島で過ごしていたそうです。



私の母が元々、タオ島でダイビングのインストラクターをやっていたため、私は自然とそれについていくような感じでした。



私がタオにいたのは、3〜5歳とかのお話になるのでほとんどその時の記憶は残っていませんが、特に何も不自由なく生活していたことは間違いないと思います。



「そんなちっさいガキがそんなこと感じてるわけないやん」と思うかもしれませんが、これが本当なんです。



当時、母親はダイビングのインストラクターをしていたのでずっと私の側に居るわけではありませんでした。



しかし、同じ日本人のインストラクターの方や、現地スタッフのタイ人などがずっと僕の側に居てくれたので、寂しいという感情があまりなかったのだと思います。



彼らを信用して預けていた母親もスゴイです。




タイ人は本当に優しくて、大好きです!



そんなこともあり、タオ島には異常な愛着みたいなものがあります。笑



私情で申し訳ありません。笑



そんな私が大好きな「タオ島」についての情報を、皆さんに発信出来たらと思います。



それでは行きましょう〜



▼ タオ島とは





タオ島はタイのスラートタニー県に位置する島です。



私が一番オススメするタイの離島です。



タイで有名なのはサムイ島、プーケット島、ピピ島あたりですかね。



いずれもキレイな海があり、観光客からもとても人気があり、年中賑わっている島ではありますが、、、、。



人が多い。



せっかくのんびりしたいと思っていても、人が多すぎてガヤガヤしていたらのんびりできるものも出来ないです。



それに比べてタオ島は、基本的にのほほ~んとしているイメージです。



もちろん、人気の島だけあって観光客もそれなりにはいますが、上記の有名所ほどではないかなという印象です。



タオ島のビーチは人も多すぎず、さほどガヤガヤしていないので、波の音をしっかり聞き取れます。



なので、リラックスするにも自分の時間をゆっくり楽しめるのがタオ島です。



ちなみにタオとはタイ語で「亀」を意味します。Koh(島) Taoは直訳で亀の島。



名前の通り亀の甲羅のような小さな島です。



また、タオ島は「アジアで一番美しいビーチ」に何度も選出されている島です。





この事実は日本人にはあまり知られていませんが、トリップアドバイザーの「世界の旅行者が選ぶアジアのベストアイランドランキング」で何度も1位に輝いている島です。



いやあ〜自分のことのように嬉しいです。笑



なのでタオ島には、世界中のきれいな海を求めている外国人が結構います。



特に多いのがヨーロピアンです。



タオ島に来ている外国人は気さくな人が多いので、少し一緒に乾杯すればすぐに友達です。



外国人の友達を作りたい人にもおすすめできる島です。


▼ アクセス




私が思う一番簡単なアクセス方法は、バンコクからサムイ島へフライトで約1時間、サムイ島からタオ島までは高速船で約2時間の飛行機を使った移動手段です。



これだと時間をあまりかけずにタオ島へたどり着けるので、現地での滞在時間を増やすことも可能になります。



日本から直接行くとすると、日本からバンコクまで約7時間。
なので日本からタオ島までは待ち時間を除いて最短で片道10時間となります。



しかしこちらはあくまでも、待ち時間やその他手続きにかかる時間などを切り落とした時間総計になりますのであまり参考にしないように願います。



知人から聞いた話だと、待ち時間がとにかく長く、結局はたどり着くまで16時間くらいかかったと聞いたこともあります。



正直あまりおすすめしません。



✓ 続いては、陸路から船を使って行く方法です。



個人的にはこちらをオススメします。



首都バンコクから夜行バスで港まで行き、そこから船でタオ島を目指す方法です。




バンコクからまず約8時間かけてチュンポーンという港を目指します。



そしてチュンポーン港からタオ島までフェリーで約2時間の船旅になります。



バンコクを夜の9時ごろに出て、休憩をはさみながら港に到着、その後フェリーに乗り換え、タオ島へは翌朝9時頃到着するのが基本な流れになります。




約半日の移動となりますが、こちらの方がコストもさほどかけずに行けるというメリットと、バス移動が長いのでバスの中で軽い睡眠が取れるという点があります。



また、私の記事では再三書いていますが、陸路移動の場合は「町並みを移動しながら見られる」という点が私的には陸路移動の強みです。



なので私の旅スタイルでは「陸で行ける場所へは陸路のみ」です。



すみません。



陸路がおすすめな理由はもう一つあって、バンコクに滞在してから島に向かえることです。



いきなり島に行くのも悪くはないですが、まずはその国の主要都市を訪れて楽しんでから、常夏の楽園に行くほうがいいんではないかなと思います。



これはあくまでも私の意見です。



最終的にはご自身で決めることなので参考までにお願い致します。




空路を使った場合⇩


料金(合計)約5,000バーツ(約15,000円)
所要時間(バンコク発)フライト1時間
フェリー2時間
メリット時間を節約できる



陸路を使った場合⇩



料金(合計)約1,200バーツ(約36,00円)
所要時間9〜12時間
メリット最安値で行ける



▼ おすすめ過ごし方



タオ島でのおすすめの過ごし方はズバリ「のんびり過ごす」です。




ダイビングについては、次に紹介します!



タオ島でのおすすめ過ごし方はのんびり過ごすことです。



時間を忘れさせてくれるとはまさにこのことです。



タオ島にはいくつものビーチが点在しているで、自分でお気に入りのビーチを見つけてそこでのんびりするのが最高に幸せです。



ビーチ沿いにはレストランやバーなども数多くあるので、ご飯を食べたり、お酒を少し引っ掛けたりと、思いのままに楽しめます。


バイクをレンタルしよう!



島内での移動はレンタルバイクの利用がおすすめです。



自分で借りたバイクであれば、好きな時間、好きな場所にいつでも行けます。



調べてみて、気になったビーチ、気になったレストランなどにぜひ行ってみてください。



レンタルバイクのいいところは、自分で運転しながら絶景ポイントや新たな発見ができるところにもあります。



常夏の島をバイクでビューンと走るのは最高に気持ちがいいです。



島のいたるところに「RENT A MOTORBIkE」という看板が出ているので、そこに行って適当に借りるだけです。



言葉の問題は心配ありません。



「レンタルバイク屋さんに来ているのだから、バイクを借りたいんだ」とお店の人も理解してくれます。



レンタル代も、丸一日借りたとしても1,000円ほどなので、コスパも利便性も最高です。



また、国際免許も不要でパスポートさえあればレンタルできるので嬉しいです。



タオ島ではレンタルバイクを利用しましょう。


タオ島の夜を楽しもう!



タオ島での夜の過ごし方は、ビーチ沿いのバーでのんびりお酒を飲みましょう。



夜になりちょうど気温が下がっており、とても過ごしやすいです。



美味しいタイ料理を注文して、changビールで流し込むのは本当に最高です。




皆さんは、changとsinghaビールではどちら派ですか?それともleoビールですか?



そんなことはさておき、心地の良い風と波の音を聞きながら過ごすタオ島の夜は、あなたの心をリラックスさせてくれることでしょう。


タオ島の食事を楽しむ




タオ島には世界中の料理が味わえると言っていいほど、レストランの種類が豊富です。



タイ料理を始め、フレンチ、イタリアン、中華など、その日食べたいものでレストランを選べるので嬉しいポイントです。



その理由として、タオ島には世界中の人が自国での仕事・生活をやめて、移住しています。



その方たちがどんどん自国のレストランなどをオープンしてくれるため、本格的な世界中の料理が楽しめると言ったわけです。



言ってしまえば、小さなバンコクwith常夏アイランドです。




タオ島での食事も存分に楽しんでください。


▼ ダイビング



タオ島と言ったらやっぱりダイビングですよね。



世界中のダイバーが、その美しい海を求めてタオ島にやって来ます。 




タオ島がなぜそんなにダイビングの聖地とまで言われるのかを説明したいと思います。


初心者に強いタオ島でのダイビング



タオ島には、1年間で多くのダイバーが訪れます。



その中には、初めてダイビングをする人やライセンスを取りに訪れる人も多いです。




特にオープンウォーターコースという、一番最初に取得するライセンスを取る人が多く、年間オープンウォーター認定者数トップクラスと言われています。



タオ島にはSSI(スクーバスクールズインターナショナル)という認定所があるため、ライセンス取得後すぐに認定カードを貰うことができます。



ライセンスを取ってすぐ貰えるので、この点も人気の理由と言えるでしょう。


格安で潜れる



ダイビングを体験してみたいけども、値段が高いイメージがあってなかなか行動できないなんてこともあります。



事実です。



いざダイビングをするとなると、通常器材を持っていない方だと器材レンタルも合わせて、2本で12,000円程かかります。



しかしタオ島では、どのダイビングショップを利用しても器材代が無料なんです。



すごくないですか?



それに加えて、1ダイブ約1,000バーツ(約3,000円)で潜れちゃいます。



通常、タオ島では2本単位で潜るので、2本潜っても6,000円程でダイビングができます。




この価格でダイビングができる場所なんてなかなかありません。



価格に関しても、タオ島でのダイビングはおすすめポイントと言えるでしょう。


日本人スタッフが豊富



タオ島には多くのダイビングショップがあります。



どこのダイビングショップにすればいいのか迷ってしまい、さらに言語や初めてで不安な方も多いのではないかと思います。



そんな方でも心配ありません。



タオ島には多くの日本人経営ダイビングショップが存在します。



言葉が通じないという不安は問題ございません。



タオ島にあるダイビングショップには、それぞれの言語を話せるチームみたいなものが存在します。



例えば、「日本人スタッフのジャパンチーム」、「韓国人スタッフのコリアンチーム」、「英語を話すインターナショナルチーム」のような形で、どの国のダイバーのも対応できるシステムを採用しております。



言葉の問題を心配しないでダイビングに集中できる環境が備わっています。



この点もまた初心者ダイバーにはとても嬉しいポイントです。


ジンベエザメに会える!?



タオ島でのダイビングでは、高確率で「ジンベエザメ」に会えることで有名です。




私の母親は、「ジンベエザメに出会うとすごく感動する」といつも言っていました。



ジンベエザメに出会えるベストシーズンは3〜5月、8〜11月になります。



ダイバーなら誰しもが憧れる「ジンベエザメ」に会いにタオ島でダイビングをしてみるのは如何でしょうか?


▼ まとめ



どうですか?



タオ島に行ってみたくはなりませんでしたか?



私は最後に行ったのがもう3年も前になりますので、だいぶ行きたい欲が強くなってきました。



記事を書いている最中は尚更です。



タオ島でのダイビングはもちろんですが、「時間を忘れてゆっくり過ごす」というあなたが求めている快楽が味わえる場所です。



ストレスが多く、どこかのんびり過ごせる場所に行きたいと思っている人には最適の場所です。



他にもタオ島には、おすすめのビーチや、おすすめのダイビングショップなどもございますので、そちらにつきましてはまた別記事で紹介させていただければと思います。



どこかキレイな海外の海に行ってみたいと思っている人はぜひ、タイの「タオ島」へ足を運んでみてください。




この記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。



また別記事でお会いしましょう。


-旅行
-, , , ,

© 2020 nanblogee Powered by AFFINGER5